Qualia Wines

醸造

エリザベス・リチャードソン

ワインメーカー

カーティン大学で応用科学(ブドウ栽培・ワイン醸造学)の学位を取得した後、リズはウェスト・ ケープ・ハウで最初のワイン造りを行いました。その後、ヤラバレー、ハンターバレー、タスマニ アをはじめオーストラリア各地でワイン造りに従事しました。2004年、常任アシスタント・ワイ ンメーカーとしてフォレスト・ヒルで働いた後、ケーペル・ベールで1年間、白ワインを担当しまし た。リズは言います。「ここ西部で私のワインは数々の金賞を受賞するようになったのです。最も 華々しく感じたのは、あるリースリングが『首相の12本』選ばれたときでした。」

2007年後半、リズはイタリアに渡り、パルマにある美食科学大学にて食物文化コミュニケーショ ンの修士号を取得しました。またイタリアで最も尊敬されているワインメーカーの一人であるジ ウセッペ(ベッペ)カヴィオラと共にワイン造りに励みました。

リズは2009年1月からクウォリアでワインを造っています。また、イタリアでも再度ワイン造り を行い、業界専門家向けピエモンテ・ワインの国際学科を卒業しました。

「イタリアのブドウ品種とイタリアが生み出す高級ワインが大好きです。イタリアでの経験によ り、イタリアのブドウ品種、ワイン、ライフスタイルのとりこになりました。地元のオステリア のお店で、ブドウのつるの下、長いテーブルを並べて楽しむ昼食に勝るものはありません。私が ビクトリア州北西部に憩いの場を見つけたのも当然のことです。ミルジューラにはイタリアの伝 統が根強く残っていますし、この地方はイタリアの代替品種を栽培するのに最適ですから。」