Qualia Wines

Search

グレッグ・ウォルシュ

栽培者連絡担当係

グレッグは25年にわたり商業分野でキャリアを積んできました。また農業、園芸、ブドウ栽培、 醸造などに携わってきました。グレッグの一族は、1850年代からオーストラリアで主に穀物、家 畜などの農業を営んでいます。働き始めた当初、グレッグは当時の農家がそうであったように、 サービス業で働きながら生計を補いました。セントキルダのアクランド通りのバーで働いた後、 農業とサービス業を組み合わせるための名案が突然ひらめきました。つまりワイン業界にたどり 着いたのです!

2014年12月、クウォリアワインズに入社する前、グレッグはオーストラリア最大手のワイナリー の一つと言われる企業で約13年間、ブドウ栽培と醸造に携わりました。そこでは国内外の様々な 仕事を任されていました。グレッグは生産、研究の両分野に従事し、様々な聴衆を前に技術的、 実用的な情報を説明しました。

グレッグは栽培者連絡担当係の役割を、ブドウからグラスまでを結び付けるものと考えていま す。グレッグは言います。「クウォリアワインズ・サービスはミルジューラとその周辺でブドウを 収穫していますが、ブドウ畑に出て『土を蹴り上げる』のは楽しいことです。ここは住みやすい し、子供を育てるのに最適なところです。スポーツ、文化、芸術活動が融合されていますから。 たとえば、ここではスポーツが盛んですが、週末の午前中、子供のスポーツ観戦をして、午後は 地元の舞台芸術グループの公演を見に行って、夕方は国内外で知られているアーチストのコンサ ートに行くことができるのです。ブドウ畑でも、栽培している品種や当社のワインにこの多様性 がよく反映されています。」